安全、美味、新鮮な、能登の地玉子。
奥能登の自然の中で育てられた能登地どり、真鴨ときじ肉。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ひよこから食肉加工・パッケージングまで自社作業。


能登地どりの有精卵は滋養強壮に最適!


ストレスなく育てることで良質な鶏肉・鶏卵ができます。


徹底的にこだわりぬいた自然食材を与えています。


いろいろな動物が楽しく生活しています。

ホーム昔ながらの飼育方法がおいしい地鶏を育てます 能登鳥の里


田舎だからこそできること
昔ながらの飼育方法がおいしい地鶏を育てます


美味しい、安全な鶏肉・鶏卵を皆様にお届けしたい。
能登の農家では美味しい鶏卵を食べるために各家庭で鶏を育てていました。もちろん放し飼いで、地元で生産された農作物を与えて自由奔放に育ててきました。奥能登の恵みたっぷりで飼育された鶏たちは低コレステロールで味わい深い鶏肉・鶏卵として食されていました。

能登半島の里山里海が「世界農業遺産」に認定されたように、昔の当り前は今では当たり前ではなくなってきました。素朴ながら大切なこの営みを継続し、皆様へ昔ながらのおいしい地どり製品をお届けするのが能登に生きる我々の使命と考えています。


能登ではいたって当たり前ですが・・・
「昔ながらの」飼育方法・生産体制


奥能登の大自然環境 究極の自家製配合飼料
 
能登半島の里山里海は2011年6月に「世界農業遺産」に登録されました。昔ながらのライフスタイルが根付くこの能登の里山で昔ながらの方法で能登地どりを育てています。
  山の間伐材を利用した「能登炭」、能登の海洋深層水など、鶏肉・鶏卵がよりおいしくなるように能登産の飼料を配合して与えています。


   
こだわりの平飼い   一貫した生産体制
 
もともとは広い山野を走り回っていた地どりたちですが、衛生管理などの制限により屋内で育てています。屋内でも屋外と同じように走り回れるように十分なスペースを確保して、オスとメスが自然のままに育つ環境を作りました。
  大切に育てた地どり・鶏卵ですから、お客様のお口に入るまでを責任を持って管理しています。地鶏を育てているこそ、鶏肉・鶏卵の状態を把握しておいしさを最大限に引き出す努力を精いっぱい行っています。